住宅ローン消費税減税でどうなる?

2014年4月より導入された消費税8%の増税政策により、住宅購入などの大型消費の冷え込み危惧した対策として打ち出されたのが住宅ローン減税です。
正式には住宅ローン控除と言いますが、この制度は住宅ローンを利用してマイホームを購入した際に、一定の条件を満たせば住宅ローンの年末残高に応じて一定割合を所得税から控除してくれる制度です。
消費税増税以前(5%時代)は、控除対象借入金額は2,000万円、最大控除額は200万円(10年間の合計)、住民税からの控除上限額は97,500円でしたが、消費税8%が導入された後は控除借入対象金額は4,000万円、最大控除額は400万円(10年間)、住民税からの控除上限額は136,500円まで拡大されました。
住宅ローン審査通らない理由!審査基準甘い銀行は?【フラット35どう?】