昆虫入りの琥珀は高価なの?

同じ大きさの琥珀でも、琥珀の質によって価値があがりますが、それ以外にも琥珀の価値が変わる基準があることを、みなさんご存知でしょうか?琥珀とは、もともと数千年前にマツやスギの樹液がかたまって化石化したもののことです。
樹液は液体ですから、時に昆虫や植物など周りのものを包み込んで化石になります。
昆虫や植物の化石が含まれていると、希少性が増し琥珀の価値が高くなるのです。
琥珀の中の昆虫や植物の化石には、古代のDNA情報がそのまま残っているため、琥珀の学術的な価値も近代では注目されています。
インターネットなどで調べると、昆虫や植物を内包した琥珀が画像つきで紹介されています。
とても美しいですので興味のある方は、一度覗いてみてはいかがでしょうか?
琥珀意味とは?アンバー効果・パワー紹介!【誕生石・石言葉は?】